HR開発

私たちの成功のカギは社員です

HR開発部門

スポーツの世界では、才能あるアスリートを見出し、その能力を伸ばすことを目指します。プーマにおいても、それは企業理念のひとつです。

HR開発部門は、社員の能力開発と定着率の向上をゴールとし、これを何よりも重視しています。私たちは、プーマの社員がチームの一員として入社したその日から、彼らを励まし、サポートします。

そのゴール達成を常に目指しながら、私たちは、以下のバリュー(価値観)に基づくキャリア形成プログラムを提供しています。

  • 相互尊重の精神
  • 社員ひとりひとりを大切にする
  • 多文化で差別のない環境づくり

 

私たちにとって、これらのバリューは、単なる机上の空論ではありません。私たちはそれを実行します。

グローバル企業として、プーマは世界中から才能ある社員を採用し、実績主義の文化の中で育成して定着させています。また国際的なキャリアを育てるオプションを用意し、必要に応じて、自社の才能ある社員を積極的に昇進させています。

その推進力となるのが、プーマのコア・コンピテンシーをベースにしたキャリア形成モデルです。これは「トレーニングコース一覧」「インターナショナル・リーダーシップ・プログラム」「人材マネジメント&人材開発」「ピア・コーチング」の4領域で構成されます。

是非、シニアスタッフに向けたプーマのキャリア形成プログラムで、私たちが皆さんのキャリアに、どんなベストプランを提供しているかについてご覧ください。

 

この一連のトレーニングコースでは、全社員そして特にシニアスタッフを対象にして、個人の能力と社会的コンピテンシーの開発、および専門スキルの開発にフォーカスしています。そしてプログラム全体として、プーマが定めるコア・コンピテンシーをベースにしたソリッドモデルを呈しています。

コミュニケーションや交渉のスキル、そして時間管理やリソース管理研修といった典型的な対人スキル開発トレーニングから、異文化トレーニングのコースや言語、ITセミナーに至るまで、プーマが提供するトレーニングは、360度の全方向で多岐に渡ります。

インターナショナル・リーダーシップ・プログラム (ILP) は、プーマのグローバル・トレーニング・プログラムを構成する重要なプログラムの一つです。受講者ここで、プーマにおいてリーダーシップとは何を意味するのかについて学びます。このILPを通じて、シニアスタッフの地域/国際ネットワークは強化され、また参加者の個人的な成長も促されることでしょう。それとともに、プーマのバリューが日々のマネジメントに生かされることを目指しています。

 

以下はこのプログラム全体のゴールです。

  • プーマにおけるリーダーシップの意味について、一般的な理解を深める。
  • マネジメントスタッフが、プーマのビジョンを日々の業務で実践できるようになる。 
  • マネジメントスタッフが、リーダーシップのスキルを身につける。
  • マネジメントスタッフに、話し合う場を提供する。
  • シニアスタッフ・メンバーが、将来の課題に向けて準備を整える。

プーマの成功は社員に支えられています。だからこそ私たちは、社員のキャリア形成を大事にしています。人材マネジメント&人材開発では、各社員が必要とする能力開発や才能を明らかにし、それぞれに応じたトレーニング・プログラムの計画がたてられます。

 

またPEOPLE@PUMAという人材マネジメント・システムで、以下を行っています。

- プーマ・コンピテンシー・マネジメント
- プーマ・パフォーマンス・マネジメント
- プーマ能力開発評価
- プーマ能力開発プラン

 

私たちはこのシステムを通して、社員の現在のポテンシャルを文書化し、また年間パフォーマンス目標の合意内容の設定や、評価フィードバックの実施、トレーニング・プログラムの概要を説明しています。プーマの社員を可能な限りベストな方法で育成することが、私たちのゴールです。

キャリア形成プログラムでは、重要なトレーニングのひとつとして、個人のコーチングに加えてグループ・コーチングも行います。

このようにして私たちは、社員の自己学習と能力開発を促す最適な環境作りを目指しています。またプーマの全社員を対象に、自己を振り返り、他の社員と話し合うといったコミュニケーションを主体とした、優れた能力開発トレーニングを提供しています。