福祉

360° 健康・快適プログラム

物事に対する情熱やエンゲージメント、さらに喜びを感じながら私たちは日々の業務に臨んでいます。そこでは、一人ひとりが快適に過ごせているかどうかが、私たちの健康や仕事に対するポテンシャルを維持していく上で最も重要な要素となります。社員全員が、自らの職場で快適に過ごすことができてはじめて、高いポテンシャルを引き出すことが可能となり、さらにそれが会社と社員との末永い結びつきを形成する基盤となります。そうした課題を達成するため、PUMAは充実した「Wellbeing(健康・快適)」プログラムを企画しました。このプログラムの最大の目的は、PUMAで働く社員一人ひとりがポジティブな職場環境の中で健康で快適な日々を送ることができるようにすることです。

「Wellbeingマップ」には、様々なプログラムやアクティビティ*が盛り込まれています。プログラム内の取り組みは主に以下の4つのカテゴリーに焦点を当てて構成されています。

自然に溶け込みながらスポーツを!Wellbeingマップ上の“フィジカルな“パートは、様々なタイプのスポーツアクティビティで構成されています。 スポーツに焦点を当てたレジャー活動をはじめ、競技大会、さらには専属の産業医にいたるまで、皆さまの肉体的な健康を総合的にサポートすることが、私たちの最大の使命です。

皆さまのご家族を最大限にケア。託児所や親子向けのオフィススペースをはじめ、学校や保育園の長期休暇に合わせたチャイルドケアサービスや育児に関する総合的なサポート、さらに介護が必要なご家族のケアにいたるまで、幅広く皆さまをご支援することで、お仕事とご家族の良好な関係性を築きます。そうしたサポート以外に、PUMAの全社員を対象にしたイベントやフェスティバルも定期的に開催されています。 

PUMAでは、社員のメリットを重視した企業体制が整えられています。そうした取り組みの一環として、通勤に必要な近郊の公共交通機関の交通費は全額支給されます。その他にも、年金制度や旅行保険の提供、自由の利く勤務時間や勤務場所、さらに社員食堂での従業員価格や商品の社割など、様々なメリットがその例としてあげられます。

優れた成果を出すには、休養も必要です。そのため、PUMAでは社員のメンタル的なサポートにも力を入れています。肉体的・精神的なケアを促す試みとして、ストレス管理やワークライフバランスなどをテーマにした多彩なワークショップを開催しています。さらに、広範囲に及ぶトレーニングカタログやバーチャルな学習プラットフォームを通じて、学習環境の充実にも努めています。

マウスを使って、それぞれのパートを移動しながら、詳細をご覧ください。 (*提供されるプログラム内容は、勤務地により異なります。)

注:Wellbeing Map機能はデスクトップビューからしかご利用いただけません。